とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

りんごのパウンドケーキ

母がとっている、やずやさんからの冊子に載ってたレシピです。しっとり目で、口あたりがよくて気に入っていますので、これを基本にアレンジすると美味しいのができそうです。


●材料
 バター・・・・120グラム
 砂糖・・・・・80グラム(甘さひかえめ)
 卵・・・・・・2個
 小麦粉・・・・140グラム
 ベーキングパウダー・・・小さじ1強
 牛乳・・・・・50cc
 りんご・・・・2分の1個
 
 アプリコットジャム・・・大さじ3弱
 ラム酒・・・・少々
 水・・・・・・少々

●作り方
1.バターをボウルに入れクリーム状になるまで錬り、砂糖を加えふわっとするまで混ぜる。
 
2.そこに卵を1個ずつ溶いて加え、なめらかな生地になるまで混ぜ合わせる。
 
3.さらに牛乳を加える。
 
4. 小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、一気に加えさっくり混ぜる。
 
5.りんご2分の1個は縦3つ割りにして皮と芯を取り、縦の薄切り(3ミリ幅)にする。
  飾り用に数枚残し、残りは生地に混ぜ込む。
  焼くとりんごからも汁が出ておいしくなる。
 
6.型(パンドケーキ型)に生地を流し入れ、飾り用の薄切りりんごを生地に少し押し込むように飾る。
 
7.170度のオーブンで約50分焼く。
  アプリコットジャムに水、ラム酒少々を加え煮とかし、焼きあがったケーキに塗る。
[PR]
# by etyanko | 2009-01-28 12:07 | おやつ

ブラウニー

そろそろバレンタインデーです。
誰にあげる宛てもないけれど、チョコレートケーキを食べる日としては時をかまわず大歓迎です!


※ 直径12cm ハート型4個分

スイートチョコレート ……200g
バター ……100g
 卵  ……2個
砂 糖 ……60g
薄力粉 ……50g
べーキングパウダー ……小さじ1

くるみ(ロースト) ……100g
りんごの甘煮(きざんで) ……100g
レーズン(ラム酒漬け) ……100g
パウダーシュガー ……少々
※型用にバター、強力粉少々
★りんごの甘煮とレーズンの代わりにオレンジピール(120g)も美味しい。その正体はもちろん自家製の八朔ピールです。

作り方
●型にバターを塗って粉を振っておく

●スイートチョコレートを細かく刻んでボウルに入れ、次にバターを入れ湯せんにかけ、溶かしておく

●ボウルに卵を入れてほぐし、砂糖を入れ白くもったりとするまで泡立て器で混ぜ合わせる

●卵の泡立てたものに溶かしたスイートチョコレートを入れて、さらによく混ぜる

●そこへ薄力粉とベーキングパウダーを一緒に振るって入れゴムベラで混ぜる

●くるみ、りんごの甘煮、レーズンを加えざっくり混ぜ、バターを薄く塗って強力粉をはたいたハート型に流し、170℃で25分焼く(ガスオーブンなら10℃下げて焼くとよい)

●出来上がったハートの中央に好きな形の紙を敷き、冷めたらパウダーシュガーを振る


◇ブラウニーの中に入れるフルーツなどはお好みで
◇焼き型は、手持ちの型や天板に直接流して焼いてもよい


簡単!りんご1個の甘煮の作り方
りんごの皮をむき芯を取る。いちょう切りにして耐熱ボウルに入れ、砂糖大さじ1を軽く混ぜ、ラップをしてからレンジ強で1〜2分加熱する…と言うのが元のレシピですが小鍋に入れ少量の水、塩ひとつまみと砂糖を入れフタをしてトロ火で蒸し煮します、これなら電磁波カットOkね。
[PR]
# by etyanko | 2009-01-28 11:22 | おやつ

花梨の種化粧水

ことの発端は夏、有馬温泉に泊まったときのこと。ホテルの部屋にサンプルとして置かれていたかりんの化粧水なのです。どうよ?と、使ったところしっとり感が心地よく、土産コーナーにしっかり置いてあったので買って帰りました。入っている量のわりにお値段もそれ程高くはなく、肌の弱い私は良いもの見つけた!と嬉しそうに、いろんな人に言いまくり、試してもらったところ「これは良い!」となったのです。さっそく、手作り大好き人間の友達の多い私になんと2人もが作り方を調べ、化粧水をプレゼントしてくれたました。感謝、感激、雨あられ!が、丁度かりんの出回る12月、私もやっぱり作ってみたァ〜い!と、いうことで教えてもらって作りました。

【作り方】
花梨の種(実3個分くらい)
米焼酎 400cc(私はよかいちのワンカップ2本を使いました)

蓋付きの瓶に入れ、毎日瓶を振ります。3日〜1週間でエキスが出て、とろんとろんになったら濾します。

化粧水として使うときに約4倍の精製水(軟水)で薄め、200ccに対してグリセリン5cc程度入れる。

※エキスが出た後の種は、2番だし?までいけます。ほんの少しまた焼酎を足しておくとまたエキスがでるので、こちらはボディ用化粧水にします。

花梨の手に入りにくい方や、作るのめんどくさいときは買ってくださいませ。荒れ性の人や肌の弱い人におすすめだと思います。冬は翌朝のしっとり感が実感できますし、夏はこの化粧水だけでじゅうぶん過ごせますよ。


後日思いつき改良した【作り方】
米焼酎の「よかいち」のワンカップに直接、花梨の種1個分入れる
(容器を別に用意しなくても入る量です)
原液を薄めるからそんなに沢山作らなくて、こんだけで翌年まで使えました
[PR]
# by etyanko | 2008-12-20 20:32 | 健康と日常