とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

唐突ですが、今年の楽しかった出来事をすこし振り返ってみました。

まず面白いものを戴いたのでご紹介します。

♪ 森のエビフライ ♪

e0151478_19511716.jpg
ほんとうに、エビフライそっくりですね~。リスの食跡で、松の実を食べたあとの松ぼっくりの残骸です。
姿は見えなくとも、かわいいリスの存在を知り、嬉しくなりました。
横につけ合わせたのはベニナギナタダケ。食用になりますが、これと間違えてカエンダケを食べて亡くなった方が過去にいるそうです。コワイネ。

なんと、これらは私が知っているいつもの散歩のコースで見つけられたものです。
今までの何気なかった風景が急に色彩を放ち、生命感に溢れたものに変わりました。
これらを教えてくださった大先輩は、夏が来るまえ傷付いた野鳥を見つけ対処に困っていたときに助けてくださった方です。長年おなじ地区に住まわれており自然保護活動もされているのですが、今まで出合えなかった方にこうして知り合うことが出来たことは私には幸運です。
これからは師匠と呼ばせていただきましょう!!

こうなると、せっかく自然観察や鳥見に同行させて頂けるので自分専用の双眼鏡が欲しいと思いましたが、光学器機には全くの無知!そのうえお金もない!実際の購入に至るまでぐずぐずと半年もたってしまいました。が、そのご縁も私にはかなり幸運だったと思います。モノを買ってこんなにワクワクしたのは久しぶりでした。

e0151478_19445544.jpg

私が買ったものはどちらも6倍で21ミリレンズと30ミリレンズのものです。明るく鮮明な画像。コストパフォーマンス良し。首から下げても軽いのでそれほど疲れない。視野が広いので初心者の私にも見やすく使いやすい。というものです。野鳥もすばやくキャッチできますし、これは月や星を見るのに良い口径バランスらしいです。これで輝く満月を見たら見愡れてしまってびっくりしました。まだ買ってひと月ですが、よく手になじんでいます。ほんとうに良いものをつくりたいとう、ものつくりの精神がホームページからつたわってきたのでそこで買うことにしたのです。無知な私に電話での対応も心安くしていただいたのも好感が持てました。

あまりに褒めちぎるとサクラっぽいけどそうではありません。「ホームページ見ただけで、それを信用していいかな?」という気持ちも始めはあったのですが、ぐずぐずするうちに、双眼鏡のことがしっかり学べたし、何よりものつくりの姿勢です。手にしたモノの向こう側に人の存在が感じられるところが気に入りました。

すでにマニアックなひとたちのお墨付きだったようで、野鳥観察で高価な双眼鏡を持っておられる先輩の方々が手にしても、これほど見えたら結構や!と口々に言ってもらえたのはちょっとしたお手柄気分で嬉しかったです。

型などのデザインについては、まー、このコストで頑張ってくださってるのでこれ以上の贅沢は言えません。カッコについてはあまりこだわらないからこそすんなりと良いものが手に入れられたと思います。
双眼鏡のことを知りたい方は、必ずしも高倍率や高価格たけがベストではないことが学べますから、まずは読んでみると良いかと思います。→→日の出光学ホームページ

結局、保護した野鳥は生き抜くことは出来ず残念な結果となりましたが、私には良いご縁を運んできてくれました。今までの趣味を全部あわせたよりも自然観察は面白く奥が深いと感じはじめています。

まだまだ当分は、師匠なしでは心もとありませんが、これから先も子供のような好奇心を掘り起こしてくれることは間違いありません。
それに双眼鏡がふたつあれば、夫婦一緒でもケンカしないで楽しめるでしょう(笑)
[PR]
by etyanko | 2011-12-05 20:02 | 健康と日常