とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はじき豆

要するに、節分のときの煎った大豆。K2ちゃんに教えてもらいました。
大豆そのままの味でポリポリ香ばしくて美味しいと私は思ったけど、夫は少し塩味が欲しいようでした。

1. 大豆を3時間以上水に浸けて戻す。
2. 水を切って、オーブン天板に広げて180℃→40〜45分焼く。
3. そのままオーブンの中で冷めるのを待つ。

※はじき豆の炊き込みご飯(香ばしくて美味しいのだそうです)
 調味料は塩と酒のみだそうです
e0151478_19475014.jpg

[PR]
by etyanko | 2010-10-25 19:34 | おやつ

ラスク

基本はタイに住んでる、美味しいものいっぱい知っているKさんに習いました。彼女こそブログすればいいのにね。

【基本のラスク】  
1. 酵母パン(またはフランスパン)を薄くスライスをし、150度で10分から焼きする
2. 冷めてから、軟らかくした無塩バターを塗り(薄めに均一になるように塗る)
3. その上に、グラニュー糖を高い位置からまぶして、さらに100度で20分焼く
4. 完全に冷めてから、タッパーに入れる
※ 思いのほか、バターを使うので油脂を入れない酵母パンを焼いてつくりました。

【ガーリックラスク】
思わず、赤ワインくれ〜〜っ!って言いたくなります。
e0151478_9122630.jpg
  
●行程は上記と同じです
バターは軟らかくして、おろしニンニクとパセリのみじん切り(または乾燥パセリ)を混ぜたのを塗ります。

※ 強いニンニク臭や、ピリッとくるのが苦手な方はガーリックパウダーにすると良いでしょう。

●バリエーションはいろいろ
思いつきでなんでもOKだけど、メープルシロップとバターもなかなかのものです。メープルシロップの水分があるので、焼き時間はすこし長めが良いでしょう。
[PR]
by etyanko | 2010-10-06 12:00 | パン

鶏ごぼう飯

e0151478_14254947.jpg

子供の頃食べた九州は八幡、折尾の駅弁「かしわ飯弁当」がウマかった〜。と、おとん(我が夫、九州産)が、常々うわごとのように言っておりました。当時のには、たぶん、かしわはそんなには入っていなかったそうですし、この我が家のものは味も作り方もまったく別物ですが、とにかく、かしわ(鶏肉)が入っているのが美味しい我が家で合格点を出したまぜご飯です。

お米……………3合(しいたけの戻し汁と出汁、酒を入れて炊く。昆布だけでもよし)
鶏もも肉………2分1枚くらい
干ししいたけ…中4〜5枚
ごぼうのささがき………中1本(鶏と相性抜群で、ぺしゃんこになるから多くても気にならない)
人参……………中3分の2くらい
うすあげ………熱湯で油抜きしておく

すりごま………大さじ2

●具をそれぞれ好みの大きさに切り、油で炒めたら、出汁をヒタヒタくらいに入れ、砂糖を加え、いったん火が通ったら、酒、しょうゆ、塩ひとつまみの順に加え、火を弱めて汁気がほぼなくなるまでコトコト煮含め、甘辛の味付けにする。
●炊きあがったご飯に具を汁ごと全部混ぜるだけ。(白ゴマのすりごまがあれば大さじ2程入れて混ぜる)

※具を甘辛く炊いているので、炊き込みご飯とはまた違った味わいですしお米が立っています。この作り方だと鶏肉がふっくらプリプリしていて、それぞれの具の味が際立ちます。
この具のままで、ご飯をすし飯にしてしまえば、田舎風ばら寿司になり、これもまた美味しいですよ。
※具の種類はこの程度で良いと私は思います。具それぞれの旨味を感じられるのはせいぜいこのくらいの品数でじゅうぶん。
[PR]
by etyanko | 2010-10-05 12:33 | ごはん