とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

野菜の本当の旬や最盛期が分からない!
スーパーで6月〜7月にかけ出ていて、8月になると徐々に商品が減り始め、「もう、ないなー。」と思っていたら、今朝のNHKで和歌山市では露地ものが最盛期だという中継があった。と、いうことは
今までのは温室栽培のものだったのだろうか?それとも、収穫時期が長いのか?

生姜はもともと熱帯原産のものゆえ、初夏に出荷させる為には真冬の温室の温度を熱帯に近付けるべく相当上げなければならないらしく、温室栽培の生産者は長生きできない?と言われる程の過酷な温度差を生きなければならないらしい。

生姜ブームでもあり売れることは生産者にはメリットかも知れないが、ほんとにそれでいいの?「生産者の努力でこうして私達の口にはいる」と、有難くいただく。なんて呑気にしてたのが、なんんとも恐ろし感じる。

普通にスーパーで買い物をすれば、いつもこうなのだ。目くじらたてて、旬だけを追い掛けたら今食べられるものなんてほとんど無くなりそうな気がすることもあるのだけど、少しは考えてみる必要があるかもな~。
[PR]
by etyanko | 2010-09-08 12:19 | ひとりごと

ウナギちらし寿司

e0151478_16373151.jpg
何回目かの試行錯誤のうえ、最高のバランスでそりゃ〜、うまい!のが出来たので、先ずはレシピの記録・・・。

【ご 飯】  
●米 3合(酒とコンブ10㎝ほど入れて炊く、水は酒を含めて米と同量)

【合わせ酢】
●酢 大さじ7(我が家のは酢が多め)
●さとう 大さじ3
●塩 小さじ1.5

【具 ?】
●ウナギの蒲焼き 2尾 (酒を振ってからかるくラップをかけ電子レンジで温めておく)
 ※1尾は混ぜ込み用 → 長く半分に切り分け、1㎝巾くらいに切る
 ※1尾は後のせ用 →  長く半分に切り分け、3〜4㎝巾くらいに切る

●干ししいたけ 中3枚(水でもどして甘めの含め煮して細く切る)
●きゅうり 2本
 (3〜4㎝くらいの長さで細切りにし、しばらくおくと自然に水気が出るので固くしぼる)
●ミョウガ 中3個 (せん切り)
●生姜 1かけ (せん切りまたはみじん切り)
●大葉 5枚 (せん切り)
●白ごま 大さじ1〜2 (すりごまにしておく)

【後のせ用の具】
●卵 3個  (きんし卵にしておく)
●のり 5mm巾くらいで細く切っておく

【手 順】
●ご飯が炊きあがり、10分程蒸らしたら昆布をとりだし、いったん水で湿らせておいた飯切りにパカッとご飯をひっくりかえし、合わせ酢をまんべんなく回しかける。酢がややなじんだかな?と思ったくらいから、しゃもじで切るようにほぐしながら、扇いで冷ます。
●ご飯がまだほんのちょっとだけ温かいかな?くらいまで冷ましたら先ず、小さいもの順ですりごま、それから生姜、ミョウガ、大葉、しぼった細切りきゅうり、しいたけの含め煮、最後に混ぜ込み用に切っておいたウナギを混ぜあわせる。
●大皿に盛り、先ず細く切ったのりを散らし、その上にきんし卵を散らして、その上に後乗のせ用に切っておいたウナギを形良く並べる。

************************************************************
※ ウナギをカツオのたたきですると、これまた、とても美味しい手こね寿司風
 (このときは柚子かスダチもあればいいかも)
※ また赤身マグロの刺し身をみりんとしょうゆでヅケにしたのも美味しいよ。
[PR]
by etyanko | 2010-09-07 21:05 | ごはん