とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鯖の棒寿司

今は亡き私の父が生前お正月用に必ず作っていた「きずし」の漬け方です。主人が鯖寿司が大好きなので、このきずしで棒寿司にしたら美味しかったのはいうまでもありません。我が家で金メダル級のレシピです。

e0151478_17561122.jpg


鯖のきずし
真鯖……一尾(大きめのもの)
塩……ひとつかみ
捨て酢ノ……ヒタヒタに漬かる程度
酢……ヒタヒタに漬かる程度
みりん(または酒)……ノ大さじ2程度
だし昆布……鯖の長さくらい1枚
鷹の爪の輪切り1本分(種を出す)

すし飯二合分
米ニ合を同量の水(酒を少々を含む)と昆布で炊く
【合わせ酢】
酢……大さじ4〜5
さとう……大さじ2
塩……小さじ1
土しょうが千切り(適宜)
(お好みで白ごまを半ずりしたのも加えてもよい)

【つくり方】
1)三枚おろしの鯖の身を洗ってバットにならべ、身が見えなくなるくらいの塩を両面にまぶして、二時間おく。
2)二時間たったら、さっと水で洗い小骨を抜く。
3)酢に浸して30分捨て漬けし塩抜きする。
4)30分たったら酢を新しいものに入れ替え、好みでみりん(または酒でもよい)を少々(いつも適当ですが、大さじ二杯くらい)と鷹の爪の輪切り1本分を入れ、鯖と同じくらいの大きさの昆布でフタをするように浸す。(さらに贅沢するなら昆布をもう1枚用意して鯖の身をはさむようにして漬けるがこれは1枚でも充分。)

※刺し身としてなら漬けて3時間くらいから食べられます。わりと見た目生な状態ですので、その日のうちに食べるなら酒呑みにはかなりいけるお味と思いますが、わが家ではだいたいめやすとして一晩漬けています。血合いの周辺部分に少し透明度が残るくらいを目安としています。

5)ご飯が炊けたら、合わせ酢加えてよく冷まし土しょうがの千切りも混ぜてておく。
6)よく冷ましたすし飯を二等分する。二等分したすし飯はさらに3つくらいの丸いおにぎりにしておく。
7)鯖を漬け酢から取り出し頭のほうから皮を剥がします。大きめのラップに皮目の方を下側にして乗せた上に、すし飯(おにぎり大3つ)を並べて乗せ、キュッキュッと押さえ付けご飯を均してからラップで強めに巻きます。
食べる直前までラップで巻きつけて形を整えたままにしておきます。

※なれて、しっとりしたすし飯がお好みなら、ラップに巻いたまま涼しいところで半日以上おけば味が全体に馴染みさらに美味です。その場合、気温が高い日などは鮮度にじゅうぶん気を付けてください。
※鯖を二度漬けして酢を捨てるのはたいへん贅沢なのですが、まろやかで上品な味わいが、やみつきになります。
[PR]
by etyanko | 2009-01-28 12:14 | ごはん

りんごのパウンドケーキ

母がとっている、やずやさんからの冊子に載ってたレシピです。しっとり目で、口あたりがよくて気に入っていますので、これを基本にアレンジすると美味しいのができそうです。


●材料
 バター・・・・120グラム
 砂糖・・・・・80グラム(甘さひかえめ)
 卵・・・・・・2個
 小麦粉・・・・140グラム
 ベーキングパウダー・・・小さじ1強
 牛乳・・・・・50cc
 りんご・・・・2分の1個
 
 アプリコットジャム・・・大さじ3弱
 ラム酒・・・・少々
 水・・・・・・少々

●作り方
1.バターをボウルに入れクリーム状になるまで錬り、砂糖を加えふわっとするまで混ぜる。
 
2.そこに卵を1個ずつ溶いて加え、なめらかな生地になるまで混ぜ合わせる。
 
3.さらに牛乳を加える。
 
4. 小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるい、一気に加えさっくり混ぜる。
 
5.りんご2分の1個は縦3つ割りにして皮と芯を取り、縦の薄切り(3ミリ幅)にする。
  飾り用に数枚残し、残りは生地に混ぜ込む。
  焼くとりんごからも汁が出ておいしくなる。
 
6.型(パンドケーキ型)に生地を流し入れ、飾り用の薄切りりんごを生地に少し押し込むように飾る。
 
7.170度のオーブンで約50分焼く。
  アプリコットジャムに水、ラム酒少々を加え煮とかし、焼きあがったケーキに塗る。
[PR]
by etyanko | 2009-01-28 12:07 | おやつ

ブラウニー

そろそろバレンタインデーです。
誰にあげる宛てもないけれど、チョコレートケーキを食べる日としては時をかまわず大歓迎です!


※ 直径12cm ハート型4個分

スイートチョコレート ……200g
バター ……100g
 卵  ……2個
砂 糖 ……60g
薄力粉 ……50g
べーキングパウダー ……小さじ1

くるみ(ロースト) ……100g
りんごの甘煮(きざんで) ……100g
レーズン(ラム酒漬け) ……100g
パウダーシュガー ……少々
※型用にバター、強力粉少々
★りんごの甘煮とレーズンの代わりにオレンジピール(120g)も美味しい。その正体はもちろん自家製の八朔ピールです。

作り方
●型にバターを塗って粉を振っておく

●スイートチョコレートを細かく刻んでボウルに入れ、次にバターを入れ湯せんにかけ、溶かしておく

●ボウルに卵を入れてほぐし、砂糖を入れ白くもったりとするまで泡立て器で混ぜ合わせる

●卵の泡立てたものに溶かしたスイートチョコレートを入れて、さらによく混ぜる

●そこへ薄力粉とベーキングパウダーを一緒に振るって入れゴムベラで混ぜる

●くるみ、りんごの甘煮、レーズンを加えざっくり混ぜ、バターを薄く塗って強力粉をはたいたハート型に流し、170℃で25分焼く(ガスオーブンなら10℃下げて焼くとよい)

●出来上がったハートの中央に好きな形の紙を敷き、冷めたらパウダーシュガーを振る


◇ブラウニーの中に入れるフルーツなどはお好みで
◇焼き型は、手持ちの型や天板に直接流して焼いてもよい


簡単!りんご1個の甘煮の作り方
りんごの皮をむき芯を取る。いちょう切りにして耐熱ボウルに入れ、砂糖大さじ1を軽く混ぜ、ラップをしてからレンジ強で1〜2分加熱する…と言うのが元のレシピですが小鍋に入れ少量の水、塩ひとつまみと砂糖を入れフタをしてトロ火で蒸し煮します、これなら電磁波カットOkね。
[PR]
by etyanko | 2009-01-28 11:22 | おやつ