とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

枇杷の葉エキス

みかんさんの山で枇杷の葉を大量に採集させていただくことが出来ました。枇杷の葉エキスは美代ちゃんに教えてもらった2年前のが家にありますが、私は虫刺されや肩凝りくらいにしか使ったことがなく、効果のほども良く分かりませんでしたが香りの良さが心地よくていつも身の回りに置いていたところ、夫が階段から滑り落ち、腰に黒紫の大痣をこさえて、民間療法に眉唾だった夫は冗談半分でつけたらしいのですが、たったの2日で痛みも取れもとの綺麗な肌に戻り、その劇的な効き目に驚いて「ガンに効く」と言う噂も嘘じゃないと思ったらしく、「ガンになってもワシには絶対効くで」なんて言っていました。飲んで良し、つけて良し。うちでの話はともかく、身近な友人二人がそれぞれの身近な人に教えたところ「ガンが消えた」という良い結果をもたらしました。今日も、知り合いの友人がガンの再発の恐怖に悩んでいることを聞き、少し分けてあげました。万人に効く保証はないものの、わが家では人助けも含め、お守りになりそうです。
有効な成分としては、「アミグダリン」という物質が血液をさらさらにしてくれ、ガンを抑制する効果があると言われていますが、同じように梅や花梨の種にもこの「アミグダリン」が含まれています。枇杷も種にはさらなるパワーが期待できます。ただ、ちゃんと漬かっていないものは消化酵素で加水分解して青酸が発生するそうで中毒する恐れがあります。種は、いくら健康に良いと言っても食べ過ぎたり生は絶対口にしないことです。

e0151478_1446798.jpg

▲大量の枇杷の葉、流しの小さい方のシンクを埋めてしまう程の量でした。

さて、枇杷の葉は通年採取できますが、今ごろ(2月)のが一番良いのだそうです。
なんでやろ〜?理由は聞かんかったけど、葉っぱを洗っていて気付きましたが、虫が葉の裏に卵を産みつける春に取ってしまったら可哀想やなと。カメムシくん5匹がどうも葉っぱの裏で寒さを凌いでいたのを邪魔してしもうた。そして、採取する葉っぱは緑が濃くてごわごわしたのが良いそうです。良く陽のあたる位置にある葉っぱは大きくてごわごわしており、虫喰いのあるのも、若い葉ではなく、そのごわごわした葉っぱだけを食べていました。と、言うことは虫は良いところを知ってるんやなあ。虫の声を聞いたような気がしました。

▲後日談。花の咲かない冬こそ葉に養分を溜め込んでいるので、エキスを取るのに適しているのだそうです。

れしぴ
1. 採取した枇杷の葉は、一枚一枚タワシで丁寧に裏側の白い綿毛を洗い落します。
2. タオルドライし良く乾かした後、鋏で適当に切って、瓶いっぱいに詰めこみます。
3. そこへ、ホワイトリカーを葉が浸るまで注ぎ込みます。
※だいたい3カ月で抽出できますが、葉を取り出すのは一年後だそうです。
  また、経験者によると取り出さずに入れッぱなしでも良いそうです。
  自分のできる量、あるだけでも良い。自然の恵みに感謝!
[PR]
by etyanko | 2009-02-06 17:21 | 健康と日常