とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春のおとずれ

《イカナゴのくぎ煮》

春のおとずれも、もうすぐかいな?と思えるような暖かい日でした。
もうそんな時期かと市場へ買いにでかけたのが2月28日。今年は、テレビで初セリを確認してから二日ほど遅れで買いました。昨年は、そろそろやなー。と、思ってたらタンカー事故で漁場が台なしになり、買えなくなり涙。今年、二回目は3月8日に購入。一週間後だと、イカナゴがだいぶ大きく育っています。これはこれで、またちがった味わいとなります。セリは年々早くなって行ってるそうな。環境の変化に漁師さんも大変です。大鍋で2キロずつ作ります。これだけ作れば気がすみましたわ。ご飯のお供、酒の肴、お茶漬けなど箸が休まりません!


e0151478_2134957.jpg

【材 料】
イカナゴ 1キロ
濃口しょうゆ 200cc
砂糖(きざら) 200〜230グラム(甘さは好みで)
酒 100cc
みりん 100C
土しょうが 20〜50グラム

【作り方】
●イカナゴを洗い、水気を切っておく
●鍋に調味料ぜんぶと、土しょうがのせん切りにしたものを入れて煮立たせる
●鍋が煮立っているところへ、イカナゴを手ですくって入れて行く、再度煮立って泡が吹いて来るところへイカナゴをそっと、入れていく
●イカナゴを全部入れおわったら、アルミホイルで落とし蓋をつくり、真ん中に大きめの穴をあけて、強火で一気に煮立てる。身くずれするので箸などで絶対にかき回さないこと
●煮汁が減って、小さなアワになったら火を中火の弱目にする。落とし蓋はとって、穴あき杓子で上からそっと押さえると煮汁があがるので、しばらくそうしながら煮る
●イカナゴが崩れないようにそっと鍋の端を開けて鍋底を見て、煮汁が少しだけある状態で火を止める
●平ざるに広げてすばやく冷ます
[PR]
by etyanko | 2010-03-09 12:05 | 常備食