とっておきレシピをメモる!


by etyanko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

花梨の種化粧水

ことの発端は夏、有馬温泉に泊まったときのこと。ホテルの部屋にサンプルとして置かれていたかりんの化粧水なのです。どうよ?と、使ったところしっとり感が心地よく、土産コーナーにしっかり置いてあったので買って帰りました。入っている量のわりにお値段もそれ程高くはなく、肌の弱い私は良いもの見つけた!と嬉しそうに、いろんな人に言いまくり、試してもらったところ「これは良い!」となったのです。さっそく、手作り大好き人間の友達の多い私になんと2人もが作り方を調べ、化粧水をプレゼントしてくれたました。感謝、感激、雨あられ!が、丁度かりんの出回る12月、私もやっぱり作ってみたァ〜い!と、いうことで教えてもらって作りました。

【作り方】
花梨の種(実3個分くらい)
米焼酎 400cc(私はよかいちのワンカップ2本を使いました)

蓋付きの瓶に入れ、毎日瓶を振ります。3日〜1週間でエキスが出て、とろんとろんになったら濾します。

化粧水として使うときに約4倍の精製水(軟水)で薄め、200ccに対してグリセリン5cc程度入れる。

※エキスが出た後の種は、2番だし?までいけます。ほんの少しまた焼酎を足しておくとまたエキスがでるので、こちらはボディ用化粧水にします。

花梨の手に入りにくい方や、作るのめんどくさいときは買ってくださいませ。荒れ性の人や肌の弱い人におすすめだと思います。冬は翌朝のしっとり感が実感できますし、夏はこの化粧水だけでじゅうぶん過ごせますよ。


後日思いつき改良した【作り方】
米焼酎の「よかいち」のワンカップに直接、花梨の種1個分入れる
(容器を別に用意しなくても入る量です)
原液を薄めるからそんなに沢山作らなくて、こんだけで翌年まで使えました
[PR]
by etyanko | 2008-12-20 20:32 | 健康と日常